バイト感覚で楽しくママ活するために

世間には様々な仕事がありますが、副業が禁止だったり、校則でバイトが禁止されていたりして、なかなか稼ぐ手段がないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にこっそりお教えしたいバイトとして、ママ活があります。

ママ活と聞かされても何するの?かがわからなかったり、バイトとどう結びつくのかがピンとこないかもしれません。

失敗しないためにも正しい知識をもつことも重要になります。

ママ活がどういうものかを知った上でどうすればバイト感覚でママ活できるかを解説していきます。

結衣のLINE@
管理人の結衣がママ活バイトに役立つ情報を配信しています

ママ活バイトの主な内容

まずはママ活がどういうものかについて説明します。 そもそもママ活は、経済的余裕のある女性が、自分の好みの男性と食事したり、お買い物デートなど楽しむことが主な内容です。

ママ側目線で言うと『付き合ってくれてありがとう』という意味でお礼をすることもあります。 普通のバイトをすると時給は1,000円前後ですが、ママ活の場合はプレゼントとして現物支給をされることもありますので、時給に換算すれば、普通のバイトよりも稼げるということになりますね。

ママ活でよくある内容は下記になります。
お茶・食事デート
お買い物デート
お泊りデート
それでは、本題のママ活バイトで具体的にどのようなことをするのかを解説していきます。

お茶・食事デート

ママ活で一番多いパターンがこちらです。
ちょっとおしゃれなカフェやレストラン、またはバーなどでママと過ごす、デートの代表格ですね。

ママたちは、一人で入りにくい店や、男性と入りたい雰囲気の店へ行きたいと願っています。 そんな時に願いを叶えるのが、ママ活男子なのです。 あなたはママのエスコートをし、ママの気持ちを高め、ママにキラキラした感情を取り戻してもらう。そのために必要とされているのです。 たかがカフェ、などと思ってはいけません。 あなたは目的のため。ママはかけがえのない時間のため。 お互いの利害が一致しているのですから、ママに楽しんでもらえるように全力を尽くして会話をしてみてください。

お茶・食事でママに楽しんでもらえないことには、次のバイトの日時は決まりません。 あなたの知りうる全てのテクニックを使って、ママをもてなしてあげてください。 女の子扱いしてあげると、好感度アップにも繋がりますよ。

お買い物デート

お茶・食事から進展すると、買い物につきあってと誘われることがあります。 基本はママの買い物に付き合うことが多いでしょうが、その時に積極的に荷物持ちをしてください。 軽いものだからと言って、そのままママに持たせているようでは、ママ活男子失格です。 荷物持ってほしいけど自分からはなかなか言いづらいものですので、ここは積極的に自分から『持ちますよ』って声をかけてみてください。

他にも時々「疲れてない?休憩する?」など、ママを気遣うようなセリフを投げかけてあげてください。 そうすることにより、ママはより一層、あなたに好意を持ちます。

あとはお買い物をしながら、あなたの欲しいものをさりげなく口にしてみてください。 付き合ってくれたお礼として手に入るかもしれませんよ。

お泊りデート

近場で、またはちょっと遠出して、それはママの要望次第になりますが自分のポイントあげるための絶好のチャンスです。 長く一緒にいる分、より仲良く、相手を知ることもできます。 気分転換の感覚で付き合ってみるのも良いと思いますよ。

ただ、ママが既婚者だったりすると、後々トラブルになることも考えられます。 なので行動する際にはちょっと注意が必要です。

バイト感覚で楽しむママ活の相場

ママ活の場合、相場はないに等しいです。 ただママ活は普通のバイトとは違い、両者の間で決めるものですから、交渉することが可能です。

基本的に飲食代など、デートにかかった経費はママが払ってくれます。 それとは別に報酬が欲しい場合は、ママと相談して決めることになります。
相場がないからこそチャンスあり
お礼をUPさせるポイント

相場がないからこそチャンスあり

ママ活はこのサービスに対してこの対価といった内容のものではありません。 ママからの提示だったり、自分から相談してみるなど、全て話し合って決めることになります。

ママの経済状況やどんなママかにもよりますので、お食事1回につきこれくらいといった予測はわかりにくいかもしれません。 しかし、相場という相場がないからこそ大きなチャンスにも繋がります。 ママの機嫌がよかったり、おねだり上手な男性だったり、ママに臨時収入が入ったり、様々な理由で素敵なプレゼントをいただくことは可能です。 もちろんあなたの行動や態度、一緒にいる時にどう思わせるかが重要なポイントになります。 バイト感覚で仕事でやってます風な態度ですと、ママも興ざめしてしまいせっかくのチャンスを逃してしまいます。 ママは意外と見ていますから、気を引き締めてサービスしましょう。

お礼をUPさせるポイント

ママが何を求めているのか、よく話を聞くことが必要です。 ママが何を望んでいるのかを知ることで、自分がすべきことがわかってくるのです。 そんな「痒いところに手が届く」ような人は重宝されるのです。 そしてその分、ママにも気に入られ好感度アップ、期待以上のお礼にも繋がることでしょう。

一般的に女性という生き物は話を聞いてほしい生き物です。 あなたはママの話を、うなずきながら聞いているだけでも、ママは満足してくれるのです。 時々、ママの目を真っ直ぐ見つめ、微笑んであげると効果はさらに上がります。 自分の行動一つで結果が変わりますので、いわば歩合制のようなバイトですが、やり甲斐はとてもありますね。

ママ活バイトならではのメリット

ママ活バイトには様々なメリットがあります。 バイト感覚で楽しむ気持ちがあると自分の成長する手助けにもなりますよ。 普通のバイトをするのと比べ、どのようなメリットがあるのかをご紹介いたします。
女性への接し方テクニックが備わる
楽しむだけでOK
予定を決めやすい
それぞれチェックしておきましょう。

女性への接し方テクニックが備わる

あなたが相手にするのは、ある程度の地位や経済力を持った、大人の女性です。 大人の女性と時間を共にすることで、あなた自身が成長するのに、とても有利なのです。

例えばレディファーストがぎこちない人は素直にママに打ち明けるといいでしょう。 ママ活をしようとする女性が、面倒見が悪いわけはありません。 素直に「レディファーストって、どうやっていいのかわからない」と打ち明けておけば、ママが練習台になってくれます。 レディーファーストを心がけなければいけないような、高級店へも頻繁に連れて行ってくれることになるでしょう。 そうなれば、あなたは否が応でもレディーファーストを実践しなければなりません。 次第に上達し、いつか別の女性に披露するときに焦ったりする必要がなくなるのです。

このように、ママを練習台にして女性への接し方が学べるのです。 女性の扱いを学べるバイトなんて、あまりないですから嬉しい特典ですね。

楽しむだけでOK

ママと一緒にいると、やはり楽しいものです。 バイトと言っても基本はデートですから、ママと楽しい時間を過ごせばいいのです。

楽しいって気持ちを伝えることももちろん重要です。 最初はお互い探りながらといった感じになってしまうかもしれませんが、ずっとそんな気分じゃお互いに疲れてしまいますからね。 『一緒にいて楽しい?』なんて聞かれるママ活男子はダメですよ。 ママを楽しませれば楽しませるほど、お礼の期待値も高くなります。 あなたが目一杯楽しんで、ママをニコニコ笑顔にしてあげましょう。

予定を決めやすい

普通のバイトとは違い、ママと予定を合わせるだけでいいママ活バイトは、シフトに縛られることもないので、いつまでにシフト出さなきゃといった心配もありません。 また、二人の間での約束なので、変更も比較的しやすいでしょう。

ただ、キャンセルは避けた方が無難です。 急な用事や病気などで都合がつかなくなることはあるでしょう。 しかしキャンセルはできるだけ避け、変更・延期を選択してください。 ママは女性ですので、急にキャンセルされると好感度も大幅にダウンする可能性が高いです。 すぐに先の予定がわからない場合は「○日までには決められるから」など、具体的な数字を伝えてあげましょう。

それだけであなたに対する好感度や信頼も上がります

ママ活バイトでのテクニック

どういうことをするかがわかったらあとは実践するのみです。 ここでは抑えておきたいちょっとしたテクニックを紹介いたします。
清潔感を大事に
話をしっかりと聞く
目標や夢を語る
どれも難しい技術の必要なものではないので是非抑えておいてください。

清潔感を大事に

最低限の身だしなみは大事です。 最初の印象は今後を決める大事なポイントになりますので、髪がボサボサや服がヨレヨレなんてのは絶対にやめましょう。 ヒゲについては好みの問題になりますが、清潔感という面で見るとない方が好印象になりますよ。 ママの好みをさりげなく聞いておいて、ママ好みの服装でいくと尚良しですね!

話をしっかりと聞く

自分から話すのが苦手な場合も、話を聞くことはできますよね? ママの話をしっかり聞いて、聞いていることをアピールすることが大事です。 『うん』とか『はい』って返事をするだけではなく、相手の目を見て返事をすること。 たったこれだけのことでちゃんと聞いてくれてるんだって思わせることができますので、是非試してみてください。

目標や夢を語る

目標に対してがんばる姿は応援したくなるものです。 小さなことでも大袈裟に話してみるのが良いですよ。 何も目標がない人が悪いわけじゃないですけど、どっちの方が素敵に見えるかって言われたらがんばってる人が選ばれます。

まとめ

バイト感覚でママ活を楽しむことは難しいことではありません。 普通の仕事だと技術や知識が必要なこともありますが、ママ活なら知っていれば誰でもできる簡単なポイントを抑えておくだけで良いですからね。

ここまで読んでいただいた方なら、すぐにでもママ活開始できると思いますので、思い切って実践してみてくださいね。

プロフィール

名前:結衣
生年月日:1984年3月3日
出身地:東京

マイペースにママ活を楽しんでいる結衣といいます。 最近はお気に入りの男子もいないため、かなりゆるーくママ活してる感じです。 もっとママ活を楽しみたいので、ママ活男子のためにもがんばります♪ 友だち追加